8月31日から沖縄本島地方に最接近した大型で非常に強い台風9号。現在は九州地方へ進んでいるようです。
 
沖縄各地で爪痕を残したこの台風9号による被害状況をまとめたいと思います。
 
接近前から気象庁が「最大限の警戒を」と呼びかけをしていたこともあり、台風に慣れている沖縄県民も、「今回の台風は本当に大きい被害が出るんじゃないか」と不安になった
かたも多くいるのではないでしょうか。
 
その呼びかけがあったことで、台風対策を意識して行うことができたと思います。
 
自然災害は本当に対策をするしかなく、毎回不安になります。
 
今回の台風9号でも被害を受けた方は多くいると思います。
 
ニュースサイトで報道していたものをまとめていきたいと思います。




8月31日の被害状況

 
○沖縄本島地方では、31日の午後には雨風が強くなってきていました。
 
○路線バスは午後3時から、沖縄都市モノレールも夕方から運休。
飛行機の発着も終日欠航となっていました。
 
 
○午後5時頃
那覇市曙の12階マンションの壁が崩落して、隣の駐車場に止まっていた車に直撃して後部ガラスが割れる被害がありましたが、幸いけが人はいなかったとのことです。
 
○午後7時半までに、沖縄県内の高潮浸水の影響のある対象地区に避難勧告が出されました。12万2774人。
 
○夜には久米島、宮古の一部、本島中南部の一部が暴風域に入りました。
 
○自宅の庭で傘をさして台風対策をしていた70代女性が風に煽られて傘の骨組みで目を負傷して救急搬送。
 
○ 40代男性が駐車場で足を滑らせ転倒。
 
○ 自宅庭で剪定(せんてい)作業をしていた70代男性が脚立から滑り落ち、首などを打撲。
 
9月1日の被害状況
 
○ 豊見城市役所旧庁舎の外壁が剝がれ落ちる被害がありました。